院長プロフィール

名前: 中野 哲爾
誕生日: 2月16日
血液型: A型
趣味: 武道、スポーツ全般(躰道六段、キックボクシングプロライセンスを高校生の時に取得。柔道初段)読書。
特技: 躰道(世界大会三連覇中。全日本、全国社会人大会10度以上優勝。年間最優秀選手賞10度)
好きな言葉: 「感謝をするから感動をする。感動するから創造する。」
座右の銘: 「行動を変えれば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」
この業界に入った
きっかけ:
自分の怪我などの経験から、道場を開く際に道場生に怪我をさせないトレーニングを学び、怪我をしてもその場で対処でき、その後のリハビリもできるようになりたかったから。

■ 患者さんや治療に対する熱い想い

– この業界に入ったきっかけ –
大学卒業後、躰道(たいどう)という琉球空手から発祥した武道の道場を開くことを決意しました。躰道とは、型では宙返りなど行い、組手では体重による階級分けのない、「全身を使った空手」のような激しい武道です。道場を開く時、どんな館長であればいいか考えました。一番によぎったのが、「怪我をさせない、怪我に対処できる館長」でした。自分の経験からも、怪我をして満足に稽古できなかったり、その怪我がもとで日常生活にも支障をきたしてしまうのはもどかしく、辛い日々だったからです。また、そういう仲間を見るのも本当につらかったです。怪我をさせない運動の仕方、目の前の怪我に正しく判断し対処できる館長でありたい、そんな強い決意でこの業界の門を叩きました。

– スポーツや医療の経験を経て –
「心技体」という言葉がありますが、武道やスポーツにおいて取り組む順番は「技→体→心」だと思います。
技、すなわち「正しい動き方」が身体の構造や競技に適した筋肉、骨格を作ります。
正しい動き方によって動かされる体は、無駄なくしなやかにつくべく場所に必要な量が美しく活き活きとつき、それによって得られる「安定した体力」をもたらします。
安定した体を上手に動かす技があれば、心に余裕が生まれ、「決断力、集中力、持続力」を発揮しやすくなります。
また、脳が体を支配しているように、体も脳を支配していますので、体が自由に安定して動かされると、精神も安定したコントロールができるようになり、ポジティブな思考でいられます。
そのため、日月(ひづき)では「整体、整動、整心」をモットーとし、改善、向上、安定を目指します。
患者様を診ると、怪我や、「日常生活や運動の歪み」によって身体が正常に使えない状態になっています。この場合のアプローチの仕方は「体→心→技」になると考えています。まずは、体、「怪我している場所の痛み、炎症、怪我などからもたらされた歪みを取り除き、動くことへの安心感や余裕、意欲を作り、心身に余裕ができたら、動きを整えます。体の歪みを作っている「動きの歪み」を取る作業をしないと再び怪我や歪みを生んでしまいます。なぜなら、  最初に怪我はした時は、そもそも身体に異常がないときに起こったはずです。動きの歪みを取らない限り、どんなに施術をしても歪み、どんなに抗炎症作用のあるお薬を飲んでも再び怪我をするリスクは残ったままで、炎症が起こったり、ぎっくり腰や四十肩、腱鞘炎、その他あらゆる日常生活の中の痛みやスポーツ障害に発展します。
当院ではボディケアで身体をほぐし血流を良くし、ストレッチで筋の柔軟性を高め骨格を整体し、簡単でわかりやすいトレーニングで動きの歪みを整えます。

– 整骨院 日月(ひづき)の名前の由来

日中の「正しい身体の使い方」、また、「心のマネジメント」が良質な睡眠を作ります。そして、良質な睡眠が回復力を高め、充実した気持ちのいい朝を作ります。日月は患者様にそんなサイクルを提供したい想いをこめて名づけました。
皆様の心身の環境を整えるお手伝いをさせてください。一緒に元気と穏やかさに満ち溢れた毎日を作っていきましょう。